陸王の原作本のあらすじとネタバレの前編はこちらをどうぞ↓

>>【陸王(池井戸潤)】原作のあらすじとネタバレ [前編]

 

【ネタバレ注意!】

※この記事にはネタバレが含まれちゃってますので、知りたくない方は読まないことをおすすめしますm(_ _)m

 

【ドラマ陸王】

 

ニューイヤー駅伝の結果で陸王の売上は倍増すると思っていた宮沢だったが、予想に反して反響は少なかった。戦線を離脱していた茂木よりも、不調であった毛塚を取り上げるメディアが多かったためだ。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

アトランティスの佐山はタチバナラッセルに商談を持ちかけていた。こはぜ屋よりもはるかにいい条件で受注する代わりに、取引相手はアトランティス独占という条件で。橘はこはぜ屋との信頼関係を壊したくないため迷ったが、結局アトランティスを選ぶことに。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

タチバナラッセルの離反により、アッパー素材の供給元を立たれてしまったこはぜ屋は、新たに素材提供をしてもらえる企業を探すこととなった。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

アッパー素材を探して素材メーカーを回る大地だったが、どこも相手にしてもらえない。こはぜ屋の実績ではまだブランド力が低く、小ロットから注文を受けてくれる会社はなかった。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

追い打ちをかけるように悪いニュースが舞い込んでくる。シルクレイの製造機械の大破だ。部品交換で修復できるレベルではなく、新たに作り直さなくてはならない。もともと試作品1台で製造していたため、限界が来たのだ。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

シルクレイ製造機の製造には最低でも1億ほどの資金がかかるが、メインバンクの埼玉中央銀行からは融資を断られてしまう。宮沢は究極の2択を迫られる。「新事業を諦めて従来の足袋製造のみに戻す」か「資金をなんとか調達し開発を続けるか」。経理担当の富島はきっぱりと前者を提案する。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大地は就職活動を続けていた。受けていたのは書類選考が通り、面談に進むことができた大手メーカーのメトロ電業だ。面接で、陸王の開発のことを熱く話した大地は確かな手応えを感じた。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

陸王の開発を継続するかどうかで迷う宮沢。資金をどこかから借りたとして、陸王がヒットしなければ、従業員全員を露頭に迷わすことになるため、経営者として思い悩む。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

陸王の供給ができなくなってしまうかもしれない、ということを茂木に伝える村野。茂木はその知らせに大きく困惑した。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

坂本から驚きの提案があった。それはM&Aでこはぜ屋を売却し、資金を得てはどうかというものだった。M&Aを提案してきたのはアメリカに本社を持つ大手アパレルメーカーのフェリックスだ。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

宮沢は、坂本の仲介でフェリックスの社長である御園丈治(みそのじょうじ)と会うことになった。御園はシルクレイを自社ブランドのシューズに使いたいと考えていた。こはぜ屋をフェリックスのグループ会社とし、シルクレイの使用許可については共有する。その代わり、こはぜ屋の社長継続と足袋製造の事業継続はそのままでよい、というのが御園の提案だった。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大地が、優良企業として評判の高い「タテヤマ織物」に商談に行き、アッパー素材の提供を取り付けることに成功する。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

フェリックスの傘下に入ることで、実質的にこはぜ屋がなくなってしまうことに苦悩する宮沢。100年ののれんが自分の代で終わってしまう上に、この先、事業形態が変わってくれば、高齢の従業員たちは仕事を続けられなくなる可能性もある。足袋の製造も売上が悪ければ廃止される可能性が高い。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

坂本からの話で、フェリックスはこはぜ屋買収の前に、飯山個人に対してシルクレイの特許使用許可を求めて商談をしていたことが伝えられる。しかし、飯山は世話になっているこはぜ屋のためにその話を断っていた。シルクレイの製造機が壊れた後も、顧問として自分と契約を続けてくれたこはぜ屋に恩を感じていたからだ。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

飯山にフェリックスからのM&Aの話を打ち明ける宮沢。M&Aに応じるかどうかで悩んでいた宮沢に、飯山は新しい発想の選択肢を与える。シルクレイの使用許可は飯山とこはぜ屋だけで結ばれている。それならば、M&Aではなく業務提携としてこはぜ屋に資金を投資してもらい、シルクレイをフェリックスに卸せばいいのではないか。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

御園との2回目の商談。宮沢からの逆提案に対し、M&Aの姿勢を崩さない御園。商談は不成立であった。しかしその後すぐに、御園から連絡があり、さらなる条件下で提案が提示される。提案内容は「3年間との条件付きでの融資を行い、それで資金返済が滞るようであれば、その時点で傘下に加わる」というものだった。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

こはぜ屋の全体会議で宮沢は御園からの提案を社員たちに打ち明ける。最初困惑を隠せない社員たちだったが、予想に反して賛同の声が上がり、陸王の開発を継続することが決定する。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

京浜国際マラソンが開催され、再び茂木のシューズに注目が集まる。こはぜ屋の陸王か、それともアトランティスのRⅡか。タチバナラッセルの離反の件で陸王製造が断たれ、RⅡを履くものとばかり思っていた小原と佐山。こはぜ屋の面々も今回はRⅡだと思っていたが、茂木が選んだのはこはぜ屋の陸王だった。どん底にいた茂木を自分たちの境遇と重ねたこはぜ屋。そして茂木もまた同様に、2年前のドン底から這い上がった自分と、今、危機に貧しているこはぜ屋を重ねていた。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

茂木の京浜国際マラソンは、強風の中で苦戦を強いられたが、ライバルの毛塚を完璧に破り、日本人ランナーとしてトップでゴールする。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

大地は内定の決まったメトロ電業を蹴って、こはぜ屋で働く意志を宮沢に告げる。しかし、宮沢はそれを断った。以前断った理由は「将来性のないこはぜ屋を継がせたくなかったから」。しかし、今回断った理由は「外の世界を知り、大きくなって戻ってきてほしいから」であった。

 

 

 

以上です♪

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]